周りから凄いと言われる携帯&スマホ活用術

特別な物にしたい引き出物

ウェディングというのは人生の中でたった一度だけです。
引き出物として、挙式に来てくれた人にプレゼントするのであれば、すぐに手に入る様なありきたりな物ではなくて、やはり自分ではあまり購入する機会がない様な特別な物を選びたいですね。

すぐに手に入る物の方がどんな人でも使う機会が多い場合が多く、逆に特別な物を選ぶとすべてのゲストを満足させるというのが難しくなる事もあります。

なかなかバランスを考えて選ぶのが難しいと思います。しかし、友人の挙式でもらった物やインターネットの書き込みなどを参考にしながら、いいと思う引き出物を選びたいですね。

気持ちを込めていい物を選びたいものです。

結婚式で引き出物の相場

結婚式を挙げて、ご祝儀のお礼として渡されるのが引き出物です。式の準備期間には、どれを贈るか悩む方も多いでしょう。

一般的に、引き出物の相場は飲食費の3分の1が妥当な金額となっています。しかし、親戚からたくさんのご祝儀をもらった場合、その飲食費分ではお礼として返しきれません。そんなときは、別に用意しておくことで、少しでも感謝の気持ちがこもります。

また、相場を考えたときに、どのような品物を選ぶかによっても、値段以上のものやそれ以下にもなり得ますので、選ぶときは年代や性別を考慮して決めることが重要です。

迷いがちな引き出物の選択について

結婚式の準備を進めるカップルが良く悩むこととして、引き出物の品物にどのようなものを選ぶかが挙げられます。食器やタオルのように使いやすいものや、お菓子の詰め合わせなどが定番化されていますが、招待ゲストごとに品物を探し出すと時間がかかるので、どのように引き出物を選べば良いか迷いがちになります。

しかし、カタログギフトなどの新しいサービスが候補に挙がる機会も多くなったので、ゲストがそれぞれ欲しい品物を手に入れられるよう工夫されています。また、会場から自宅までの配送が行われるなど、オプションとして設けられているサービス内容も充実しています。

結婚式における引き出物の新たなサービス

これから結婚式を行おうとしているカップルにとって、悩みの一つとして挙げられる引き出物の品物選びは、一人ひとりのゲストに合わせた対応が難しいといわれています。しかし近年では、カタログギフトの導入などによって、思い通りの品物が選べるサービスも充実するようになりました。

食器やタオル、お菓子の詰め合わせといった品物が定番化する一方で、一人ひとりの好みや生活環境などに応じて品物が受け取れるメリットはがあります。ウエディングの演出やおもてなしなどにも活用されており、会場からの宅配など、オプションとしてのサービスも取り入れられています。

国際結婚をするときに知りたい引き出物の文化

結婚式の日取りが決まるとやらなければいけないことがさまざまで、スケジュールを決めないとてんてこ舞いになってしまいます。そんな中で悩みがちになるのは、招待客に贈る引き出物についてですが、国内では当たり前の風習とも言えますが、海外では異なっています。

特に、アメリカでは引き出物を贈るという習慣はありません。しかし、簡単な手作りお菓子などを新郎新婦が用意し、招待客のテーブルに設置、欲しい人がもらって帰るという記念品のようなものや、感謝の気持ちを記したメッセージカードを贈るなどの風習はあります。国際結婚をする人にとっては、相手の国の文化を知ることも結婚式を挙げるために必要なことでしょう。

結婚式の引き出物についての関連記事

結婚式場と引き出物と携帯電話の情報を掲載しております。

大阪、京都には多くの結婚式場があります。引き出物や結婚式場選びは一生に一回のことなので失敗ないようにチェック